Eng
Menu

About the project

ダボス会議における「ロシア・ハウス」は、 ビジネスリーダー、有名な政治家、経済学者、科学者、クリエイティブ分野の代表者が商談、交渉、非公式の交流を行う多機能プラットフォームとしての役割を担う、ロシア連邦の公式レジデンスです。2018年、ダボスのロシア・ハウスはロシアの公式レジデンスとしての承認されました。


ロシア・ハウスの主な目的は、ロシアのイニシアチブを推進し、国際ビジネスの代表者と公的機関の間の対話を促し、ビジネスの可能性、投資の魅力、他国との共同作業に対するロシアの開放性を示し、ロシアの文化と伝統を国際的な場で披露することです。

2019年、ロシア・ハウスは国際ビジネスと公式サークルの代表者に向けた伝統的な集会所としてだけでなく、注目を集めるフォーマットとイメージでダボス会議の重要な議論の場にもなりました。5日間の開館で、レジデンスには70カ国から1,500人以上の来賓が訪れました。また150人以上のメディア代表が作業を行いました。ロシアの公認代表団のメンバー、ロシアおよび外国の主な起業家、専門家およびオピニオンリーダーが、ロシア・ハウスの活動に参加しました。


「ダボスのロシア・ハウスで、ロシア外国投資諮問評議会と主要企業の代表者との会合が行われました。参加者全員が、マクロ経済指標の発展のための前向きなダイナミクスに注目し、政府と企業間の協力関係を改善するためのさらなる共同活動に合意しました」

ロシア連邦大統領補佐官
マクシム・オレシキン氏

「ロシア・ハウスは、ダボスの大通りで最も魅力的で興味深い場所の一つです。充実したビジネスプログラム、ロシアに興味を持っている人々との出会い、ロシアについての会話を行う機会があります。これは素晴らしいプロジェクトであり、私は全面的にサポートしていく所存です」

SUN Group副議長
シフ・ヴィクラム・クヘムカ氏

Хемка.jpg
черемин_7B4A1227.jpg

「ロシア・ハウスは人間関係の温かさというものを体現しているだけではありません。まず第一に、よく計画されたビジネスプログラムの議題であり、これは非常に興味深いものです。人々は何が世界で実際に起こっているのか、そして世界経済がどのように発展するのかについて客観的な情報を得ることに非常に興味を持っています」

モスクワ市大臣、モスクワ市役所対外経済・国際関係課長
セルゲイ・チェリョミン氏

「ロシア・ハウスは、協力関係の在り方、世界クラスのパートナーとの協力関係の発展の仕方についての有意義な議論を支援する、ユニークなプラットフォームです。私たちが今日、ゲストの方々がロシア・ハウスへ寄せられている注目には大変な価値があります」

公共株式会社 ズベルバンク
副理事長
スタニスラフ・クズネツォフ氏

кузнецов_7B4A0379.jpg

「今年のダボスのロシア・ハウスはますます需要が高まっており、人々はここで興味深いビジネス交流が行われているということをはっきりと理解しています。このことは、間近に目にすることができます。たくさんの人々の姿があり、ここダボスで意識的に時を過ごしているのです」

公共株式会社 シブル・ホールディング
理事長
ドミトリー・コノフ氏

「ダボスでのロシアの議題が関連性を失うことはありません。ロシアは世界経済の一部であり、世界の主要プレーヤーの一国です。ロシアはダボスの世界経済フォーラムに参加しています。これは我が国にとっても国際社会全体にとっても重要なことなのです」

ロシアおよびCIS諸国運営パートナー
EY(アーンスト・アンド・ヤング)
アレクサンドル・イヴレフ氏